×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

皮膚科の名医を探す 肌あれやにきび バランスの取れた食事や規則正しい生活、そしてストレスを早め早めに発散させ予防

皮膚科 名医

肌トラブルの治療法
皮膚科の名医を探し対策を

  

皮膚科名医を探す


お肌のトラブル、アレルギーやニキビで悩みを抱えている人は自宅に篭りがちになったり、コンプレックスとして深刻な問題になることがあります。程度がひどいならば皮膚科で診察を受け専門のお医者さんに見てもらうことで、状況の改善をはかりましょう。

ニキビなどの場合その程度に合わせて、飲み薬や塗り薬を出してもらえます。外用薬として例えば皮脂の皮膚表面への排泄の促進を目的とする薬剤と脱脂作用のあるイオウ系のローション・塗り薬・クリームなどが処方されます。病院ならばじかに症状を診てもらった上で判断してもらえるので、安心できます。塗布薬の他に飲み薬もニキビ治療には用いられており、ビタミンB2やビタミンB6の内服薬が処方されます。病院の診察ならば、個別に対応してもらえて経過もその都度見てもらえるので、一切を任せることができます。

最近では美容内科として先進的な治療を行う病院も増えてきています。上記の基本的な治療の他に、ピーリング・レチノイン酸・イオン導入などを取り入れて、ニキビ治療から美肌を目指した治療をする病院も増えてきました。美白を目指す人や、多めのお金をかけてでもニキビを治したい人に利用されています。ニキビを原因レベルで対処する、つまり皮膚に過剰なケアをせず、ストレスのない規則正しい生活によって肌の負担を軽減する方法も大切です。自分のニキビの原因を知り、それぞれに合った方法を見いだすことが大切です。




  

皮膚科 名医 メタボリックシンドローム


いろいろな所で見たり聞いたりするメタボリックシンドロームですが、メタボリックは「代謝」、シンドロームは「症候群」という意味です。メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪肥満症のことで、単に内臓脂肪が多い状態というだけでなく、高血圧、高血糖、高脂血症などの生活習慣病を発症している状態を指します。メタボリックシンドロームに陥ると、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こす元になり、実際に体脂肪率が高めの人は気を付けなければなりません。

この原因は、なんといっても運動不足や過食などの生活習慣によると言われています。まずは余分に蓄積した体脂肪を減らすために、ウォーキングなどの有酸素運動や筋肉トレーニングなどを取り入れ、運動不足を解消し、食生活を見直すなどの生活改善が必要です。40歳を超えると、このメタボリックシンドロームが急激に増えると言われています。そんな時期も、今では食生活の欧米化などのせいで関係なく、もっと若い世代の人たちまでもがそんなメタボリックシンドロームの可能性を秘め、いわゆる「予備群」として存在しているといわれています。

とにかく体脂肪が増えてしまうことは、メタボリックシンドロームを引き起こす原因になっていることは間違いありません。身体に体脂肪を蓄えていくという機能は、人間にとってはひとつの本能で、それは人が生きていくために必要不可欠なことです。人には生まれつき体脂肪がつきやすい人もいて、これは肥満遺伝子によるものなのですが、このような遺伝子を持っている人は、特に食生活を見直して改善していかなければなりません。運動不足や過食などであまりに脂肪がたまってしまうと、身体には悪いことばかりですから、とにかくそうなる前に予防措置を忘れないようにしましょう。メタボリックシンドロームにならないためにも体脂肪率のチェックが必要です。

日本医療の将来 皮膚科 名医


現在日本はメタボリック対策が国を挙げての急務となっています。医療費は膨らむばかりなのに肝心の財政が安定しておらず、これからは医療費の負担がますます増え大変な状況を迎えるでしょう。アメリカのように医療制度が厳しいものになり、医療負担が増大なものになることはもう近い未来のことです。貧乏人は医者にかかれず自分で治すか死ぬかのどちらかになると言うことです。自己責任の時代がきているのです。

そうならないために、病気になって病院にいくのではなく病気にならない体作りをすることが自分の経済的にも日本の経済的にも最良なことなのです。そのためには日頃の健康対策は欠かせません。人間は日頃の悪しき習慣により日々少しずつ体の変調をきたしていきます。その異常が自分で感じられるようになったときはもうすでに手遅れな状態であると言えるでしょう。

しかし日本の医療機関がそのような予防的な医療にどこまで意識があるかと言うと疑わしい部分があります。その意識の差が大きくまだまだ全体的には遅れていると言ってよいでしょう。国策として取り組むべき最も重要な政策であるにも関わらずいまだにその中心の議論としては不十分なものがあります。自分の身は自分で守るしかないのです。そのためには健康に対する正確な情報を調べ勉強することも大切です。メタボリックな体にならないためにも気にしすぎるくらい自分の体には注意を払いましょう。


〜 皮膚を改善しきれいな素肌へ 〜

あなたもきっと良くなる!アトピー性皮膚炎を自分で改善する5つの法則

「無添加スキンケアおためしセット」すぐに実感、いつまでも実感♪FANCL
Copyright (C) 2009 皮膚科 名医 All Rights Reserved.  プライバシーポリシー